世界のメディア&アート業界海外デビューを目指そう!

〜海外留学や就職の悩みや疑問を事前に解決します〜

よくある質問(FAQ)

Q. 学校の紹介と手続きは無料で対応してくれるのでしょうか?

すべて無料であなたの目的や希望に合わせた学校の紹介と手続きをサポートさせていただきます。学校の紹介料や入学手続きなど一切手数料はかかりませんので、安心してご利用いただければと思います。

どのサービスが無料で、どのサービスが有料であるかの確認は、各サービスのページをご覧いただければと思います。

Q. 学校に入学する前に日本で何か準備しておくことはありますか?

専門学校にせよ、語学学校にせよ、ずばり英語の勉強をお勧めします。

日本ではなかなか自分から英語を勉強するということは難しいと思いますが、リスニング、文法、単語等は日本にいても勉強できる教材はかなり揃っていますので、そちらであらかじめ勉強されることをお勧めします。

大学や専門学校に入学す場合は、やはりある程度のその分野の基礎知識を入学前に自分で勉強するのも良いと思います。いきなり英語環境で教材も何もかもすべて英語なので、やはり戸惑うことが多いので、そのジャンルの学習の予習をやっておくのは非常に効果的だと思います。

Q. 英語の何か効率の良い勉強方法はありますか?

私達が多くのことを実践する中で、役に立った勉強方法は以下の通りです。ぜひこのうちいくつかを試してみてくださいね!

  • 現地のカナディアンや留学生達と英語で会話をする機会を意識的に増やす(同時にリスニングの練習にもなります)
  • 良い文法書を参考にして英語を英語で理解することを心掛ける(お勧めの文法書はこちらを参考に!)
  • 現地のカナディアンの友達を作り、なるべく言動をマネするように心掛ける(現地の人になりきるぐらいの感覚で!)
  • 好きな映画やドラマを最初は英語字幕ありで観る(最初から英語字幕なしだとかなり難しいので)
  • 好きな洋楽を英語で歌えるようになるまで聞く(意味も理解しながら)
  • ホームステイに子供がいる場合は、子供達と仲良くなって英語でコミュニケーションをとる(子供達は比較的簡単な英語を使ってくれるので英語初心者の方にはもってこいです)
  • ホームステイの場合はなるべく夕食を一緒に食べたり、家族のアクティビティに参加する(英会話の機会が自然に増えます)

Q. 専門分野の何か効率の良い勉強方法はありますか?

これは、何を勉強するかによって変わってきます。たとえばCGであったりWEBであったり。その分野のジャンルによっても変わってきます。デザインの勉強方法とプログラミングの勉強方法も違いますし、人それぞれ、その分野によって好き嫌いがあったり、得意不得意があるのも当然です。

細かいところを聞きたい場合は、Teamoveに問い合わせていただければよいと思うのですが、基本的に物や何かを作る作業で一番大事なのは、最後まで完成させることです。

どんなに下手であっても、上手であっても、最後まで完成させましょう。最後まで作ると、どこが足りないのか見えてくるし、先生やクラスメートなどに聞いてみると、ココをもっと直すと良いとか上達する上で必要なアドバイスをもらうことができます。そして、そのアドバイスをもとに次のトライをします、その繰り返しでどんどん上手くなっていきます。

もうひとつ大事なポイントを付け加えると、本を読んだり、チュートリアルを見たりすることも学習する上で大切ですが、それよりも実際に手を動かしてみる、何か実際に作ってみることのほうがはるかに価値があります。何事も実際に経験してみることが大事だとTeamoveは考えています。

最後にVFX/CG分野では、日本語でのオンラインチュートリアルサービスを提供させていただいております。こちらも学習の助けになれば幸いです。

海外で活躍する現役アーティストが日本語でスキルを伝授!
VFX/CGオンラインチュートリアル「Visutor」

Q. 学校に入学するための条件は?

入学条件は学校によって違いますが、語学学校の場合は試験もなく、特別な条件もありません。専門学校や大学は学校によって英語のスコアを求められることがあります。

公立の大学や短大の場合、留学生はほとんどの場合、英語のテスト(IELTSやTOEFL等)のスコアが必要です。

メディア&アート系の学校の場合は、作品集(ポートフォリオ)の提出を求められる事もあります。しかし英語に関しては、スコアが足りなくても、学校側と相談することで入学を認められるケースもあります。詳しい入学条件に関しては、学校紹介のページをご覧いただければと思います。

Q. 学校に入学するにあたっての英語力はどれぐらい必要なのか?

留学される学校により条件がありますので、詳細は学校紹介のページで確認いただければと思います。

Q. 学校の授業についていけるか心配なのですが?

初めての海外、初めての英語の授業、初めて学ぶ分野など初めてのことばかりで不安になるのは誰でも一緒です。

私達カウンセラーも始めは皆様と同じく英語もうまく聞けなかったり、しゃべれなかったりで不安をかかえたままスタートしました。英語に関しては、日本である程度基礎を学んでくることをオススメしますが、こちらでも実際の学校に入学する前に、語学学校で数ヶ月英語を集中して勉強すれば、英語も徐々に上達していきます。

また、日本である程度学びたい分野の経験や知識があれば、英語が多少できなくとも授業についていくことは可能です。本当に困った場合は、私達が親身になってサポートさせていただきますので、安心してご相談いただければと思います。

授業の内容がどうしてもわからない場合は、私達のサービスとして日本語で教えるチューターサービスもございますので、ぜひご相談いただければと思います。

Q. 住まい探しはどうすればいいでしょうか?

住まい探しは、たいていインターネット上で探すことができます。ホームステイを希望される方であれば、以下のサイトを利用してみるのをオススメします。

  • Homestay Fan | ホームステイファン(初めての人にも安心の日本語が通じるファミリーを中心に紹介しています)
  • JPカナダ(カナダ全体の日本語のサイトでホームステイの検索が可能です)
  • e-Maple(トロントの情報が中心ですが日本語でホームステイの検索が可能です)

ルームシェアを希望される方であれば以下のサイトがオススメです。

  • JPカナダ(日本語で利用でき、ルームシェアの情報が頻繁に更新されています)
  • Craigslist(英語のみになりますが、情報量はNo.1のサイトです)
  • Padmapper(英語のみになりまが、とても使いやすく、目的の情報を探しやすいサイトです)

もしくは、実際にアパートに行くと、アパートの前に「VACANCY」という、「空き部屋あります」と看板が出ています。こういうところで一から住まいを探すこともできます。しかしそういった場合は、家具等は何もついてないので初めての方は、ある程度家具や、インターネットが用意された部屋を上記のウェブサイトから見つけることをお勧めします。投稿者の方と連絡を取り、家に見学にって、住むか住まないかを判断しましょう。人気のあるところはすぐに決まってしまうので、時間勝負ということもあります。

もしお住まい探しでお困りの場合は、Teamoveでもお住まい探しのサポートをしていますので、遠慮なくこちらのお問い合わせフォームよりご相談いただければと思います。

Q. バンクーバーで生活するにあたり1ヶ月どれぐらいの生活費が必要か?

まずは住まいに関して言うと、ホームステイをする場合とアパートでシェアをするのが一般的になりますが、ホームステイの場合は、平均で一ヶ月700ドルから850ドルあたりがバンクーバーでは相場になっています(3食付き)。

またアパートでのシェアの場合は、一ヶ月400ドルから700ドル程度となっています。アパートでシェアをする場合は、食費のことも考慮に入れる必要があります。自炊をする場合と外食をする場合でかかる費用も大きく差がでてきますが、だいたい平均するとだいたい一ヶ月700ドルから1000ドル程度です。(もちろん個人差がありますので、だいたいの目安として参考にしていただければと思います)

そしてその他の費用(交通費や友達と遊ぶお金等)を含めると合計で上記の値段プラス200ドルぐらいになります。ちなみに交通費に関しては、学校の場所と皆様が住む場所の距離によって変動します。全く必要がない場合もありますし、1ヶ月100ドル以上かかる場合もあります。

Q. 学校を卒業した後に働けるビザはもらえるのでしょうか?

卒業後にもらえるビザの種類や期間に関しては、学校により様々です。働けるビザ(ワークビザ)をもらえる学校もあれば、もらえない学校もあります。詳細は、各学校紹介のページをご覧いただければそちらにビザがもらえるかどうか、そしてどのぐらいの期間有効なのか等の情報が確認できます。

Q. 卒業後はどのように仕事を見つければいいのでしょうか?

こちらはいくつか方法がありますので、ここではポイントだけ回答いたします。Teamoveでは卒業後のお仕事探しのお手伝いもサポートしていますので、お問い合わせフォームよりご相談いただければと思います。

  • 学校の先生からの紹介をしてもらう
  • 学校自体が就職を斡旋してくれる
  • 学校の先輩や卒業生から紹介してもらう
  • 知人や友人から紹介してもらう
  • 仕事募集のウェブサイトを利用する
  • 直接企業にメールでコンタクトをとる
  • 直接企業を訪問する

Q. 働く環境に関して日本との違う点はありますか?

日本と大きく違う点は働く時間です。こちらの会社は基本的に9時スタートで5時終わりです。どこの会社でも5時にはキッカリと仕事を終わらせます。

カナダには、自分の時間や余暇、家族を大事にする文化がありますので、現地の人は5時になるとすぐに帰ります。日本では当たり前の残業は、よほど忙しくない限りないでしょう。

また、日本ほど上司と部下という上下関係がはっきりしていません。たとえ自分の上司であっても友達のように話すこともありますので、非常に風通しのいい働きやすい環境であると言えます。

Q. 面接や履歴書(レジュメ)の作成で気をつける点は?

日本人にはよくあることですが、こちらで面接で受けたり、履歴書(レジュメ)を作成する場合、謙遜して答える、もしくは書いてしまうケースがあります。

日本人の文化として謙遜することはいいことなのですが、こちらでは、あまりお勧めしません。嘘はいけませんが、自分ができることは自信を持ってできる、さらに少しぐらいできなくてもできます!すぐにできるようになります!と話したり、書くことは重要です。

謙遜して書くと良い印象を与えられない場合がありますので、できることは自信を持ってアピールしていきましょう。

Teamoveでは、実際の面接でのポイントや履歴書(レジュメ)の作成のアドバイスもサポートしています(有料サービス)ので、遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

Q. バンクーバーの現地での給料はどのぐらいでしょうか?

職業のジャンルによりますが、北米のCG業界の場合は、ジュニアで月25~35万、ミドルで35万~60万、シニアで50万~それ以上です。

バンクーバーのウェブ業界に関しては、最低レベルが25万程度、平均レベルが40万程度、最高レベルが60万以上という統計データがあります。もちろん職種や経験年数によって変動してきますが、だいたいの目安としてはこのような感じです。

世界のメディア&アート業界海外デビューを目指そう!

〜海外留学・海外就職・海外研修ツアーの相談はこちらから〜